転職

転職エージェントは複数登録するとメリットが多い話【最低3社必須】

まとめ:転職エージェントの登録は自分の頑張れる範囲で!

転職エージェントは、無料でコンサルタント(アドバイザー)への相談が可能であり、孤独な転職活動を助けてくれる心強い味方でもあります。

転職エージェントに登録してみたいけど、いくつ登録すれば良いのかな?そもそも複数登録する必要ってあるの?

こんな疑問に今回は答えていきます。

はじめに結論を話しておくと、転職エージェントは複数登録すべきであり、メリットも多いので最低3社は登録するのが必須です。

なぜ断言できるのかというと、僕は新卒で入社した会社を1年で退職し、20代で2回の転職経験があるからです。

りゅうたき
りゅうたき

こんにちは!りゅうたき(@takkyhokkaido)です。

僕は2回の転職活動どちらも転職エージェントを利用していますし、メリットをたくさん感じましたよ。

そこで、転職エージェントを複数登録することのメリットについて詳しく紹介します。

本記事の内容

転職エージェントは複数登録すべき

最低3社登録必須

そもそも転職エージェントは必要なのか

 

転職エージェントは複数登録するとメリットが多い話【全部で5つ】

転職エージェントは複数登録するとメリットが多い話【全部で5つ】

最初に結論を話してしまいましたが、もう一度繰り返すと「転職エージェントは複数登録するとメリットが多い。」です。

例えばどんなメリットが?というと、以下の5つが挙げられます。

転職エージェントを複数登録するメリット
  1. 自分に合ったコンサルタントを見つけることができる
  2. 各転職エージェントの非公開求人を紹介してもらえる
  3. 得意な業界・職種によって転職エージェントを使い分けられる
  4. 早く転職を決めることができる
  5. より多くの意見・アドバイスから転職先を選択可能

牛ちゃん
牛ちゃん
1つに絞って相談するのも良さそうだけど、複数登録するメリットの方が多そうね!
りゅうたき
りゅうたき
最初に登録した転職エージェントで、自分に最適な求人・コンサルタントが見つかれば良いけど、そうとも限らないからね。

 

転職エージェントで面談をする際、必ずしもベテランのコンサルタントが担当者として付くわけではありません。

中には、研修がてら新人が担当者になる場合もあり、求人の質やマッチ度が低くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

もちろん担当者の変更は可能ですが、人によっては「なかなか言い出せない…。」という人もいるでしょう。

そこで、複数の転職エージェントで面談をしておけば、熟練のコンサルタント・自分に合ったコンサルタントを見つける確率が高くなるのです。

子牛ちゃん
子牛ちゃん
面倒に感じるかもしれないけど、面談は無料だし複数使わない方がもったいないよ!

 

では、先ほど挙げた5つのメリットをそれぞれ簡単に説明していきます。

 

①自分に合ったコンサルタントを見つけることができる

まずは、上記でも少し触れた「自分に合ったコンサルタントを見つけることができる」というメリットについてです。

いくら転職エージェントが現在の転職に関する知識を豊富に取り揃えたコンサルタントだとしても、面談で話すのは『人対人』。

人間同士、当然合う合わないはありますし、コンサルタントの中には威圧的に転職をススメてきたり、厳しい言葉ばかりかけてくる人もいます。

りゅうたき
りゅうたき
僕も、実際に利用した中で1社だけ「この人本当に僕の転職を考えてくれているのかな?ヤケに威圧的だからもう話したくない。」と感じた転職エージェントがありました。

 

ですから、最初に面談をした転職エージェントで、好条件で自分が納得する求人・最適なコンサルタントと出会えた人以外は、他の転職エージェントにも登録して面談を受けることをおすすめします。

そうすれば、自ずと自分に合ったコンサルタントを見つけることができるはずなので、ダラダラと余計な時間を使うことなく転職活動に専念することができます。

 

②各転職エージェントの非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、基本的に転職サイトで見られるような求人には全てを載せず、『非公開求人』として複数の求人を隠し持っています。

その理由としては以下のことが考えられます。

好条件の求人を公開すると募集が増えすぎて大変

逆に募集要項がピンポイント過ぎて募集しても集まらない

企業側から「非公開で。」と頼まれている

本当に転職意思のある人に提案したい求人だから

わざわざ公開しなくても、人気があるからすぐに決まってしまう

代表としては以上ですが、各転職エージェントの規約によっても非公開求人になる理由は様々あります。

じゃあ非公開求人はどうやったら応募できるの?

答えは簡単、面談を受けて求人を紹介してもらうしかありません。

コンサルタントは、最初の面談で転職者の要望をヒアリングし、希望に合った求人を公開・非公開求人含めて紹介してくれます。

なので、転職エージェントを複数登録すればその分優良な求人を紹介してもらえますし、いくつかを比較して自分なりに精査することだって可能です。

牛ちゃん
牛ちゃん
面談した分だけ転職の幅が広がるのね!

 

③得意な業界・職種によって転職エージェントを使い分けられる

2019年5月現在、転職エージェントは数多く存在しますが、それぞれ抱えている求人の業界・職種(以下業種)によって得意・不得意があります。

  • 20代に特化した転職エージェント
  • 大手企業に特化した転職エージェント
  • IT業界に特化した転職エージェント

以上のように、転職者は各転職エージェントが得意とする業種を知り、自分が求める業種とマッチする転職を求めていかなければなりません。

しかし、転職者の中には

自分がやりたい業種が決まってないんだよなー。

という人もいるでしょう。

なので、自分が興味のある業種を得意とする転職エージェントを複数登録し、質の高い求人を集めることで後悔の少ない転職が行なうようにしましょう。

牛ちゃん
牛ちゃん
転職エージェントが得意な業種で、尚且つ非公開求人なら最高ね♪

 

④早く転職を決めることができる

これは言わずもがな、転職エージェントを複数登録して転職活動を行えば、面接の回数も増やせるので、早く転職を決めることができちゃいます。

子牛ちゃん
子牛ちゃん
「転職する!」って決めたら、なるべく時間を掛けずに終わらせたいよねー。

 

しかし注意点もあります。

それは、”登録しすぎると返って面接のセッティングが合わなくなり、転職が決まるスピードが落ちてしまう”という点です。

既に退職済みで、転職活動にかけられる時間がたっぷりある人なら話は別ですが、ほとんどの人が会社員として仕事をしながら転職活動を行うはず。

そんな限られた時間の中で行う転職は、自分で厳選した転職エージェントとの連絡や面接対策、更には本番の面接にかける時間が重要になります。

よって、転職エージェントは複数登録すれば早く転職を決めることができるのは間違いないですが、登録数と時間配分には気を付けるようにして下さい。

牛ちゃん
牛ちゃん
自分ができる範囲で頑張らないと転職が辛くなってしまうわよね。ところで適切な登録数についてはどのくらいなの?
りゅうたき
りゅうたき
適切な登録数については次の章で紹介するからもうちょっと待ってね!

 

⑤より多くの意見・アドバイスから転職先を選択可能

複数登録のメリット5つ目は、転職エージェントは登録した分だけ面談を行うことになるので、1つに絞るよりもより多くの意見・アドバイスを受けられるようになることです。

結果、様々な転職先の中から自分が行きたい場所を選択できます。

意見・アドバイスから得られること

転職先の候補を増やせる

自分の方向性を確立させることができる

今の自分に転職が必要なのかが分かる

様々な業種から見た自分の立場を知れる

牛ちゃん
牛ちゃん
どれも転職を成功させる為に重要な要素ね。
りゅうたき
りゅうたき
転職したいと思うのって、基本的に今の会社に不満があるからだよね。

でも、社会や求める業種から見た今の自分の立場を知っておかないと、新しい会社への期待が結果的に空回りしてしまう可能性があるからね。

 

僕も新卒で入社した会社に不満がたくさんあり、知り合いの誘いもあって北海道への移住&転職を決めましたよ。

関連記事「北海道に移住したい!」2019年からの転職方法10選!【実体験あり】

まとめ:北海道への移住と転職は自分に合った方法で!
「北海道に移住したい!」2019年からの転職方法10選!【実体験あり】満員電車に揺られる日々…建物・人混みだらけで疲れる…こんな毎日が続くと、「北海道のような自然に囲まれた場所に移住したい!」と考えることがありますよね? でも、北海道に移住したくても転職できるか心配…。そもそも転職先ってあるのかな?『北海道に移住したい人のための転職方法10選』を紹介!...

 

ここまでで、転職エージェントを複数登録するメリットが分かりましたね。

次は、「転職エージェントは最低何社登録すれば良いのか?」を説明します。

 

転職エージェントの登録は最低3社必須

転職エージェントの登録は最低3社必須
転職エージェントは複数登録するべきなのは分かったけど、全部で何社登録すれば良いの?

答えはもう出ていますが、僕の経験上転職エージェントは最低3社の登録が必須だと考えます。

なぜなら、メリットを考えれば当然のこと、2社では比較材料が足りないですし、4社以上登録すると管理が大変になるからです。

しかし、3社全て同時進行しなければいけないというわけではなく、4社以上登録した場合でも、自分に合わなかったと感じたエージェントは登録を解除すれば大丈夫です。

実際に僕は1回の転職で5社登録し、3社に絞って転職活動を行っていましたよ。

 

子牛ちゃん
子牛ちゃん
素朴な疑問なんだけど、複数登録しても転職エージェントには嫌がられないのかな…?
りゅうたき
りゅうたき
全然気にする必要ないよ!

逆に、転職エージェント側は「他のエージェントも登録してうちと比較して下さい。」というスタンスだから、1つに絞って相談するよりも提案がしやすいんだろうね。

 

もちろん、無理に3社登録する必要はありません。

『最低3社』というのは、あくまで僕の経験上の結果であり、1社で最適な転職が行なえるのならそれに越したことはないので。

まだ1社も面談を行っていないのなら、こちらの記事を参考に転職エージェントを選んで登録してみて下さい。もちろん全て利用は無料です。

まとめ:転職エージェントは移住と合わせて需要が高まっている!
【実話】転職エージェントは必要です【使って良かった5社挙げます】現在転職したいと考えている場合、転職サイトに登録して求人情報を日々チェックしている人も多いはず。でも、たくさんの求人を見ているとどれが良いんだか分からなくなってきますよね?「なぜ転職エージェントは必要なのか?」実際に使って良かった5社を踏まえながら理由を説明します。...

 

転職エージェントの複数登録はコンサルタントに隠しちゃダメ!

転職エージェントの複数登録はコンサルタントに隠しちゃダメ!

これ、とても重要です。

「転職エージェント、複数登録してみよう!」と感じて実際に数社面談を行った際は、必ず各コンサルタントに他の転職エージェントを使用していることを話しておきましょう。

まあ面談の最初に「他にもエージェントを登録していますか?」と聞かれるので、「はい。」と素直に答えておけば大丈夫です。

どうして隠しちゃ行けないの?話さない方が良いのでは…?

こんな考えは間違いです。

なぜなら、面接の日程調整を行ったり、同じ企業へアポイントを取ってしまうことを避ける為、コンサルタント側も最善の注意を払っているからです。

他の転職エージェントも併用していることを隠すと、「どうして面接の日程が合わないのか?」などと追求されることになります。

また、コンサルタントのやる気を出させて、「是非うちの求人で内定を取って欲しい!」と思わせる効果も期待できるので、より優良な求人を紹介してくれるかもしれません。

りゅうたき
りゅうたき
複数登録は転職エージェントに対して失礼なことではなく、むしろコンサルタントにも望まれていることなんですよ。
牛ちゃん
牛ちゃん
複数登録を隠しても何も良いことはなさそうね!しかも、「○社面談受けました!」という人の方が転職に対するやる気も感じるわね!

 

転職への本気度を示す為にも、転職エージェントの複数利用は話すべきです。

ただ、メリットが多い複数登録にもデメリットがあることを知っておいて下さい。

 

転職エージェントの複数登録にもデメリットが存在する!

転職エージェントの複数登録にもデメリットが存在する!

ここまで、大きく5つのメリットを含め転職エージェントを複数登録することのメリットを話してきましたが、当然デメリットも存在します。

ザックリ紹介するとこんな感じ。

  • 1つのエージェントにかけられる時間が少なくなる
  • 面接のセッティングが大変になる
  • 内定が決まった後にコンサルタントに断りのメールを送るのが面倒
  • 連絡を怠ると電話が掛かってくる

コンサルタントも対人間なので、利用する際は礼儀を忘れないようにしましょう。

当然転職エージェントもビジネスですから、「この人転職する意思ないのかな?」と思われれば連絡も来なくなりますし、関係も薄くなっていきます。

ですが、せっかく自分の転職の為に求人を紹介してくれたり相手の企業とやりとりをしてくれているわけですから、社会人として連絡を怠ってはいけません。

牛ちゃん
牛ちゃん
複数登録すると連絡を取るのが大変になるけど、無視するようなことはあってはならないわね。
りゅうたき
りゅうたき
いくら仕事とはいえ、自分の為に時間を作ってくれているわけだから、大変になるデメリットはあってもちゃんと連絡は取らないとね。

 

転職エージェントの複数登録はメリットが多い分、自分で予定を管理できない人にとってはコンサルタントと連絡を取るのが大変になるかもしれません。

しかし、転職を早く確実に成功させるには、転職活動を行っている時期は自分に追い込みをかけないとダメです。

でないと、ダラダラと時間が過ぎて「なかなか転職先が決まらない…」なんてことにもなりかねません。

複数登録の大きなメリットを受ける為には、少しのデメリットもあることを覚悟しておきましょう。

子牛ちゃん
子牛ちゃん
そんなに苦しいデメリットじゃないから、自分のできる範囲で登録すると良いかもね!

 

そもそも転職エージェントは転職に必要なのか

そもそも転職エージェントは転職に必要なのか

最後に、ここまで読んでいただくと、

そもそも転職エージェントって転職に必要なの?

と疑問を感じる人に向けて断言しておきます。

”転職エージェントは転職に必要です!”

詳しくはこちらに書いていますが、特に僕のような20代の人、転職が初めての人にとっては相談相手がいた方が素早く的確な転職を行なえますし、気持ち的にも楽です。

転職は何から始めたら良いのかな?

新卒の時と履歴書・職務経歴書の書き方は違うのかな?

面接日程のセッティングはどうしたら良いのかな?

面接対策なんて自分じゃできないよ…?

転職をする時に悩むこれらのことも、転職エージェントを使えば解決できます。

どこに必要性を感じるかは自分次第ですが、個人的には転職エージェントを無料で使用してみることをおすすめします。

牛ちゃん
牛ちゃん
やっぱり、今の転職市場や求める業種の現状を知っている人達に聞くのが1番効率的よね。

 

関連記事【実話】転職エージェントは必要です【使って良かった5社挙げます】

 

まとめ:転職エージェントの登録は自分の頑張れる範囲で!

まとめ:転職エージェントの登録は自分の頑張れる範囲で!

今回は、「転職エージェントは複数登録した方が良いの?」と疑問を感じている人に向けて、実話から大きなメリットを紹介しました。

登録数が増えれば、その分管理が大変にはなりますが、得られるものも倍増します。

とはいえ、僕の経験上の話であり強制力もないので、まずは1社登録して面談を受けてみてから考えてみると良いでしょう。

「なんか物足りないなー。」と感じればまた新しく登録すれば良いですし、「ここだけでやっていこう!」と思えば1社だけでも全然オッケーです。
子牛ちゃん
子牛ちゃん
転職は自分のペースで行うことが大事だね!
りゅうたき
りゅうたき
うん、わざわざキツキツにする必要もないし、頑張れる範囲で頑張っていきたいね!

 

最後にメリット復習
  1. 自分に合ったコンサルタントを見つけることができる
  2. 各転職エージェントの非公開求人を紹介してもらえる
  3. 得意な業界・職種によって転職エージェントを使い分けられる
  4. 早く転職を決めることができる
  5. より多くの意見・アドバイスから転職先を選択可能

 

りゅうたき
りゅうたき

最後までお読みいただきありがとうございます。

転職に悩む人の助けに少しでもなれば幸いです。

Twitterもやっているので、良かったらフォロー&絡みに来てください♪(@takkyhokkaido