移住と生活

「田舎に嫁ぐ=就職!?」後悔して離婚しないためには【7つの事例】

まとめ:田舎に嫁ぐなら、就職時のような覚悟を持っていこう

結婚して田舎に嫁ぐのに興味がある。

でも、田舎での生活って環境や人間関係が色々と大変そう…。

あとで離婚して後悔しないためには、何を知っておくべきかな?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

「田舎に嫁ぐ=就職」は、24時間365日間体制【かなりハード】

田舎に嫁いでから後悔しないために【離婚に繋がる7つの事例】

【前提】都会に満足しているなら、田舎に嫁ぐと後悔する

 

りゅうたき
りゅうたき

こんにちは!りゅうたき(@takkyhokkaido)です。

僕は北海道の田舎に移住して、2年間生活を送ってきた経験があります。

田舎の地方には都会の地域から嫁いで来た女性が何人かおり、話を聞いていくと「結婚を後悔している…」と話す人が何人かいました。

そこで僕が感じたのは、『田舎に嫁ぐ=就職』という意味にも取れるな…という点。

牛ちゃん
牛ちゃん
農家さんの家に嫁ぐとなれば、1つの小さな会社で働くことになるものねー。
りゅうたき
りゅうたき
田舎での生活は夢に抱くよりも大変なことが多いから、特に都会住みの人は気を付けた方がいいよ。。

 

現在、田舎に嫁いで楽しいスローライフを夢見ている人は、ぜひ注意喚起の意味でも参考にしてみてください。

 

「田舎に嫁ぐ=就職」は、24時間365日間体制【かなりハード】

「田舎に嫁ぐ=就職」は、24時間365日間体制【かなりハード】

これは主に農家の場合ですが、田舎に嫁ぐ(農家に嫁ぐ)ということは旦那側の家族と一緒に生活することになります。

すなわち、家族が一体となって行っている農業では、24時間365日間体制でその家族と関わっていかなければならないということです。

農業初心者の人だと、当然のごとく旦那以外の人からも仕事を教わるようになり、個々のこだわりにも注意して仕事を行わなければなりません。

よって、まるで新しい職場に就職しているのと同じですよね。

りゅうたき
りゅうたき
想像するだけでも、正直かなりハードなイメージが沸くのではないでしょうか?
牛ちゃん
牛ちゃん
農業自体が、基本的に24時間365日間体制だものね…。

 

しかも農家って、独自のこだわりに対して偏りすぎたプライドを持っているため、自分達の言うこと・やることが絶対であり、決してそれ以外の答えはありません。

つまり、例え自分の息子の妻として嫁いできたあなたが何か意見を言ったとしても、ほぼ0%の確率でしか聞き入れてくれないということです。

りゅうたき
りゅうたき
仮にそれが本当に正しいことだとしても…。

 

嫁いできたら、態度が急変するかも【世間体】

田舎という小さな集落では、村人が想像以上に世間体を気にして生活しています。

なぜなら、都会よりも暇を持て余した人達は「噂話」が大好物だからです。

よって、最初は良い人を演じていても、家族になった瞬間から態度が急変・・・。

嫁ぐ前は親切で優しかったのに、嫁いだ後の姑の態度が急変して厳しくなった…。

こんな話もよくあるということですね。

まあ中には本当に親切で良い人もいますが、外面だけ良い人も多いのが現実。

「田舎の人達=優しくて親切」という認識は、この期待に取っ払った方がいいかもしれません。

 

田舎者の特徴に関しては下記の記事も参考になると思います。

参考「田舎者」にはどんな特徴がある?【都会人に嫌われる性格・行動25選】

まとめ:「田舎者」と思われないために、都会に馴染む努力を
「田舎者」にはどんな特徴がある?【都会人に嫌われる性格・行動25選】都会人に「これだから田舎者は…」と言われた。そもそも田舎者にはどんな特徴があるの?都会で都会人に嫌われないためには、どうすれば良いの?こんな疑問に答えます。都会人が感じた『田舎者が都会人に嫌われる特徴(性格・行動)を25選』を紹介!田舎者だと思われたくない人は必見!...

 

田舎に嫁いでから後悔しないために【離婚に繋がる7個の事例】

田舎に嫁いでから後悔しないために【離婚に繋がる7個の事例】

それでは田舎に嫁いでから後悔しないために、もしかしたら離婚に繋がってしまうような事例を7つ解説していきます。

前提として、現状で都会の生活に満足しているなら後悔する可能性は高くなりますよ。

 

1.田舎は不便の塊であることを知っておく

当たり前ですが、田舎は都会のように外に出れば何でも欲しいものや楽しめるものが揃っているわけではありません。

コンビニやスーパーは、歩いて行ける距離にない

大型のショッピングモールも、車で1時間~2時間

カラオケに行きたいと感じても、スナックしかない

上記のとおりで、とにかく不便の塊。

特に、夫婦で遊ぶ場所や将来の子供と遊ぶ場所を考えたら不便さを感じてしまいますよね?

しかも冬には雪が降るような地域だと、生活の中に「雪かき」や「雪道での運転」が加わって、危険も伴うことになります。

りゅうたき
りゅうたき
夫の方は慣れ親しんだ環境でも、奥さんにとっては不便すぎて嫌になってしまうんですね。
子牛ちゃん
子牛ちゃん
生活の大変さを知っておかないと、結婚した後のギャップがすごそう…。

 

2.”車ありきの生活”に慣れる覚悟をしておく

田舎は不便で交通の便もよくないため、ぶっちゃけ車なしの生活は考えられません。

都会のように電車やバスが通っているならともかく、”本数が1日の間に数本しかない”というのもザラにありますからね。

そして冬場であるほど運転は危なくなり、だからといって止めるわけにもいきません。

つまりどれだけ運転が苦手な人でも、生活のためには慣れていかなければならないのです。

牛ちゃん
牛ちゃん
田舎に嫁いで生活するなら、車の運転も覚悟しておかないと…。
りゅうたき
りゅうたき
田舎は人混みが少ないのが良い反面、寂しさが増してしまう原因にもなるよね。

 

「本当に田舎では車なしじゃなきゃダメなの?」

と疑問を抱く人は、参考に下記の記事も読んでみてください。
【体験談】田舎で車なしの生活は無理!【キツイ、不便、生命の危険】

まとめ:田舎での『車なし生活』は、現実的ではない
【体験談】田舎で車なしの生活は無理!【キツイ、不便、生命の危険】「田舎は車なしじゃ生活できない。」とよく聞くな…。でも、本当に車なしじゃ全く生活できないの?田舎に暮らしたことがある人の、実際の経験談が知りたいな?こんな疑問に答えます。田舎はその他の交通手段が限られているから、車なしでは生活ができないのは確か!その理由を詳しく解説!掛かる費用も...

 

3.自分の友人や家族とはなかなか会えなくなる

あなたが現在住んでいる場所は、気軽に友人や家族と会える距離にありますか?

もしそうなら、田舎に住むことで今まで休みの日に会えていた人達とはなかなか会えなくなることも覚悟しなければなりません。

特に田舎は人口が少ない分、1人で取り残されたような寂しさも感じてしまいますよ。

牛ちゃん
牛ちゃん
結婚して田舎の嫁になると、姑に対する愚痴なんかも言いたくなるわよね。。
りゅうたき
りゅうたき
精神的に疲れたときに、心から許せる人と直接会って話せないのは辛いかも。

 

とはいえ、今ではスマホ1台あればネットに繋がりますし、携帯で連絡を取って入れば寂しさも紛らわすことができるかもしれませんね。

まあ僕も田舎に行って思いましたが、ぶっちゃけ自分の目的のために生活していれば友達や家族と会えなくてもなんとかやっていけます。

確かに寂しさはありますけど、たまーに電話して話すだけでも結構気が紛れたりもしますよ。

関連記事【移住】北海道の一人暮らしは“かなり孤独”です【23歳の体験談】

まとめ:北海道への移住は、一人暮らしでもなんとかなる
【移住】北海道の一人暮らしは“かなり孤独”です【23歳の体験談】北海道に移住して一人暮らしがしてみたい!でも、一人暮らしは孤独そうだし、北国は大変だよな…?北海道で一人暮らしした人の体験談を読んで、イメージしてみたいなー。こんな疑問に答えます。23歳で千葉県から北海道へ移住して一人暮らしを経験した男が、寂しさを紛らわす楽しみ・方法を紹介!...

 

4.夫が妻より自分の親だけをかばう可能性がある

結婚してから後悔しないために:夫が妻より自分の親だけをかばう可能性がある

田舎に嫁ぐ女性は、周りに友人や家族がいない状態で移住をすることになります。

すなわち、”近くに味方がいない”ということ。

もちろん夫は側にいますが、いざという時には自分の両親である母親や父親をかばってしまう可能性があるので注意が必要です。

牛ちゃん
牛ちゃん
男性は「自分の両親に親孝行したい!」という気持ちが強いものね~。
りゅうたき
りゅうたき
その気持ちは良いことなんだけど、結果的に奥さんが1人になってしまうことがあるんだよ…。

 

唯一の理解者である夫が自分の味方をしてくれなくなると、奥さんであるあなたの居場所がなくなってしまいます。

その結果、

どうして私はこの場所に来たんだろう…

私の意見なんて誰も聞いてくれないんだ…

私が悪いのか、、結婚しなければよかった…

といったように、離婚へのカウントダウンが始まってしまいます。

ただ1つだけ助言をしとくとすれば、「絶対に夫の両親と同じ屋根の下で生活はしない方が良いです。」

家業を手伝う場合だと難しいかもですが、それでも一緒に暮らすと本当に自由が効かなくなるのでオススメしません。

自分の身は自分で守りましょう。

 

5.街はすぐに暗くなり、都会のような明るさはない

田舎といえば、街灯もなにもない1本道があることはザラ。

都会のように24時間営業で営業しているお店も少なく、ネオン街のような明るさは一切ないと言えます。

りゅうたき
りゅうたき
やっぱり街に明かりがあると心にも落ち着きが生まれますし、自宅以外の周りが暗くて閑散としていたら怖い気持ちにもなりますよね。

 

確かに田舎の空気は澄んでいて気持ちいいし、自然は見ているだけでも心を落ち着かせてくれます。

しかし、広大な自然は時として脅威になることも忘れてはいけないのです。

嫁いでから後悔しないためにも、田舎の暗い部分を知っておいた方がいいかもしれませんね。

下記は北海道への移住に関してですが、雪国の現実が書いてあるので良かったらどうぞ。

【悲報】北海道に移住して失敗した!【2年間の実体験で見えた現実】

まとめ:北海道に移住して1年間住めば、失敗の現実が分かる!
【悲報】北海道に移住して失敗した!【2年間の実体験で見えた現実】北海道への移住に憧れるな…。でも、北海道に移住して失敗した人はいるのかな?後悔したくないから、雪国への移住生活の現実が知りたい…!こんな疑問・要望に答えるため、2年間の北海道の移住生活から見えた現実・失敗談をまとめます。生活・仕事・環境・子育て・人間関係の計5つを詳しく解説!...

 

6.遠出をしない限り、いつも畑や農村ばかりで寂しい

嫁ぐ場所が田舎であればあるほど、周りには畑や田んぼ、農地や農村ばかりが広がって面白みがありません。

いい意味で言えば「高い建物や人混みがなくて良い場所」ですが、大きな街に行くまでは同じような道が続くので寂しさを感じてしまいます。

特に夜は怖さを感じるくらいの寂しさです…。

りゅうたき
りゅうたき
何かが出てきそうな雰囲気・・・そんな感じ汗
子牛ちゃん
子牛ちゃん
実際に野生の動物が出てきて驚くよ…!!
りゅうたき
りゅうたき
北海道だと、野生の鹿とかが当たり前に出てきて怖かったー…!!

 

建物や人混みだらけの景色に飽きた人なら、自然の景色は楽しめるかもですね。

 

7.例えデリカシーのない義家族でも、死ぬまで付き合う

これは極論ですが、結婚して義家族となった夫の家族とは、離婚しない限りどちらかが死ぬまでずっと付き合っていくことになります。

なので、できれば何も問題なく円満に過ごしていきたいものですよね。

とはいえ田舎に嫁いだ女性が離婚したいと感じる大きな理由の中には、デリカシーのない義家族(主に姑)の存在が大きいのも現実。

  • 「前の彼女は見た目も美人で家庭的だったのにね~。」
  • 「もう子供出来たの?どうして今欲しいと思ったの?」
  • 「○○(夫)が悪いんじゃなくて、あなたの我慢が足りないんでしょう??」

こういったことを平気で言うんですね。

ただ、デリカシーのない姑というのは田舎じゃなくても都会にもいっぱい存在しています。

牛ちゃん
牛ちゃん
あとは、人と人の合う・合わないは絶対あるわよね。。
りゅうたき
りゅうたき
そうだね。旦那は自分の親を悪く言いたくないから、そこでどれだけ奥さんをカバーしてあげられるかだと思うよ。

 

まあよほど義家族の存在が負担になるなら、距離を置いて生活するか、最終的には旦那とその家を出るかですね。

それらが無理なら、離婚して結婚を後悔するしか道はありません。。。

 

現実:「田舎に嫁いでスローライフを…」人と環境で崩れる話

現実:「田舎に嫁いでスローライフを…」人と環境で崩れる話

「田舎に嫁ぐのに興味がある。」

と考える人の中には、「田舎に住んだら都会と違ってスローライフを送ることができるんだろうな~♪」と感じている人も多いですよね。

ただし、ここでも現実を突きつけておくと、田舎でのスローライフ生活というのは、移住先の人と環境によって簡単に崩されてしまいます。

りゅうたき
りゅうたき
先ほどまでの離婚に繋がる事例を見ても分かるとおり、田舎で暮らすのには数多くの問題がありますからね。
子牛ちゃん
子牛ちゃん
夢と現実は違う…と。

 

確かに田舎は都会と違って人の流れが見えず、時間がゆっくりと過ぎているような錯覚をしてしまうこともあります。

でも、結局は同じ時間が流れているだけです。

しかも環境対策や地域のコミュニティーにも関する行事への参加などを考えたら、スローライフどころか時間を無駄にしてしまうことにも繋がります。

※田舎の行事が好きな人は別です。

こちらも注意喚起として、下記の記事をどうぞ。

「田舎でスローライフを!」夢と現実は、人と環境で崩れます【注意】

まとめ:田舎でのスローライフも、流れる時間は同じ「体感の問題」
「田舎でスローライフを!」夢と現実は、人と環境で崩れます【注意】どこに行っても人混みだらけ…都会での生活に疲れた…。田舎でスローライフを送りたいな~。でも、現実はどうなんだろう?こんな疑問に答えます。結論は『田舎でスローライフなんて幻想。田舎に移住してから人と環境によって今の夢と現実は簡単に崩れます。』です。田舎に過度な期待をしないように。...

 

「田舎に嫁いで移住したい!」今では『田舎婚』という選択肢も

「田舎に嫁いで移住したい!」今では『田舎婚』という選択肢も

ここまで読んで、それでも「田舎に嫁いで移住したい!」という気持ちが強いなら、『田舎婚』をオススメします。

というのも、現在相手がいる人には関係ない話かもですが、女性が本気で田舎に嫁ぎたいと思っても、都会で田舎に住む人を見つけるのは困難ですからね。

ましてや田舎なんて都会よりも絶対数が少なく、ピンポイントで相手を探すのは至難の業…。

そこで『田舎婚』出番というわけです。

子牛ちゃん
子牛ちゃん
田舎婚…?
りゅうたき
りゅうたき
田舎に移住して結婚したい女性、地方・田舎に暮らす男性をターゲットにした、専門の婚活サービスだよ。

お見合い後の成婚率は、業界でも最高水準の60%越えの実績なんだ!

牛ちゃん
牛ちゃん
すごいわね…!それだけ田舎での結婚を本気で考える女性・男性が多いのね☆

 

田舎婚に登録している男性は、真剣に相手を探している人しか登録していないので安心。

登録費・入会費・初期活動費・成婚料が無料!

なんと、成婚時に祝い金「5万円」がもらえる!

スマホ1台”で結婚相手を見つけられる「オンライン決済」

上記のように、スマホ1台あれば無料で始められるので、真剣交際をして田舎に嫁いでみたい人は1度チェックしてみてください。

\初期費用はオール0円!/

※仲人システムによって真剣交際の婚活をサポート! 

 

参考【女性必見】田舎へ移住したいなら、『田舎婚』で決まりです【無料】

【女性必見】田舎へ移住したいなら、『田舎婚』で決まりです【無料】
【女性必見】田舎へ移住したいなら、『田舎婚』で決まりです【無料】田舎に移住したい!できることなら結婚もしたい…!でも、どっちもなんてどうやって叶えればいいのかな?こんな疑問・要望に答えます。結論は、女性が田舎に移住&結婚の夢を叶えるなら『田舎婚』で決まりです。初期費用はオール0円で済み、お見合い後の成婚率は業界でも最高水準の60%越え!...

 

まとめ:田舎に嫁ぐなら、就職時のような覚悟を持っていこう

まとめ:田舎に嫁ぐなら、就職時のような覚悟を持っていこう

はじめにも話しましたが、田舎に嫁ぐなら就職時のような覚悟を持つべきだと僕は考えます。

通常なら「田舎=開放的で子育てにも良さそう!」と感じてしまいますが、ぶっちゃけそんなに気楽に考えて良いものでもありません。

なぜなら田舎者が一癖も二癖もあるのはもちろんのこと、農業などを行っている家庭なら1つの経営に対してそれだけ真剣だからです。

どんなときも覚悟は必要ですね。

牛ちゃん
牛ちゃん
焦りは禁物よ!
子牛ちゃん
子牛ちゃん
結婚相手はじっくりと選ぼう!
りゅうたき
りゅうたき
離婚に繋がったら悲しいからね…。

 

あとは覚悟を決めたら、全て真面目にこなさずに少し手抜きをすることも重要ですよ笑

結婚してから後悔しないためにも、将来を想像してから行動しましょうね。

りゅうたき
りゅうたき

最後までお読みいただきありがとうございます。

Twitterもやっているので、良かったらフォロー&絡みに来てください♪(@takkyhokkaido